交際クラブ登録前に!面接時の服装の注意点!

交際倶楽部は面接後に写真撮影があります。

その写真でオファーが来るか来ないかが決まってしまう場合もあります。

男性とパパ活でデートをする時の服装で着ていただくことで
デートが想像しやすくなります。
ですので面接にはデートの際の服装で来るようにしてください。

パパ活では女性アナウンサーのような清楚系なファッションが好まれます。
服の色に関しては写真の背景は白になります。
ですので白い服ですと同化して目立たなく、見えにくくなってしまいます。
また、黒いタイツ、黒のストッキングも写真写りが悪くなってしまうため避けて下さい。

ヒールは7センチぐらいのものを履いていくと
足が長く見えてスタイルが良く見えますのでオススメです。
ブーツや厚底の靴はあまり男性にはウケがよくありません。
高さなくてもいいですのでハイヒールが写真写りも良く、
男性ウケがよくなります。

デートの服はパパ活をする上では重要になります。
仕事においてのユニフォームと思っていただければと思います。
普段清楚系のファッションをしていなくても、
パパ活をするためには必要な必須アイテムです。
高価なものでなくても良いので必ずご準備ください。
服を準備する上で注意していただきたいのが
ハイブランドや高級品を持たないようにしてください。
高いブランドのバックや服、アクセサリーを持っていると、
男性からは他にパパがいるのじゃないか、と思われてしまいます。

季節によって面接会場に行くのに寒かったり、暑かったりすると思います。季節によって面接会場に行くのに寒かったり、暑かったりすると思います。絶対NGの服装としましては、ジーンズ、パーカー、スウェット、スニーカー、Tシャツなどです。

季節によって面接会場に行くのに寒かったり、暑かったりすると思います。
その場合は面接会場で着替えることもできますので撮影用の服を持って面接に来ることをおすすめします。

そして、自分のアピールポイントを伸ばせる服装を意識してみてください。
胸が自信あるなら少しタイトで胸を強調しやすい服を、
スタイルがよく細身が自慢なら体型がわかる服を、
逆に腕やおなか周りが自信がない方はうまく隠せる服を選んでください。

メイクも清楚系を心がけましょう。
パパ活で好まれる女性は清楚な女性です。
派手なつけまつげは男性にはウケはよくありません。
真っ赤な口紅の韓国メイクもパパ活する男性にはウケが悪いです。
ナチュラルなメイクをする方がウケがよくなります。

面接で一番大事なことは明るく元気に写真撮影に対応することです。
やはり笑顔ではなく、不機嫌そうな写真ではオファーはきません。
可愛らしい笑顔が女性の一番の武器です!
緊張するとは思いますが、
笑顔で対応できないと面接を担当するスタッフに
パパ活に向いていないと思われてしまいます。
そう思われないためにも、
面接するスタッフの目を見て笑顔で撮影をするようにしてください。

コンシェルジュスタッフも男性におすすめしやすくなります!

Scroll to Top